2種類のほうれん草のナムル

韓国料理

こんにちは!tomoです。

今日は、2種類のほうれん草のナムルをご紹介します。

皆さんご存じのプレーンなナムルに加え、コチュジャンでピリ辛に仕上げたナムル。ピリ辛ナムルも、いつもと少し違って、美味しいですよ。

副菜に是非、いかがですか?

tomo’s cooking

Youtubeにも動画をアップしました。是非、ご視聴ください!

材料

●材料●

ほうれん草 2把(250g*2)

●プレーン味 調味料●  

醤油   大1/2

塩    小1/2

ごま油  大1

おろしニンニク 大1/2

ごま   少々

●ピリ辛味 調味料●

コチュジャン  大1

ごま油     大1.5

おろしニンニク 大1/2

ごま      少々

作り方

1.ほうれん草をきれいに洗います。

2.鍋にお湯を沸かし、塩をいれて、ほうれん草を湯がきます。

*湯がきすぎに注意

3.水にさらし、灰汁を抜き、しっかり絞って水を切ります。そして、食べやすい大きさに切ります。

プレーンなナムル

4.調味料を混ぜ合わせます。醤油、塩、ごま油、おろしニンニクをいれて、よく和えます。

5.最後にゴマを振りかけます。

ピリ辛ナムル

4.ごま油、おろしニンニク、コチュジャンを入れて、よく混ぜ合わせます。

*コチュジャンが混ざりづらいです。ほうれん草によくいきわたるように、良く混ぜてください。

5.最後にゴマを振りかけます。

*ほうれん草の水分によっても、味が変わってきます。味見をして、塩でお好みの味に調整してください!

まとめ

韓国の副菜でよく登場するナムル類。お箸で和えるのではなく、手で和えることが多いです。”お母さんの手の味”っと言って、益々美味しくなると言われています。最近は、ゴム手袋とか使い捨てのビニール手袋をつけて、和えます。私のYoutube動画でも、使い捨てのビニール手袋が頻繁に登場しています^^

ほうれん草ナムル!いかがでしたか?

ビタミンも鉄分もいっぱいのほうれん草!副菜として、食卓に並べば、彩りも栄養も完璧です。

簡単に食事を済ませたい時にも、ほうれん草ナムルと目玉焼き、キムチをご飯に乗せ、コチュジャンやゴマ油を少しいれ、混ぜ合わせれば、簡単ビビンバの出来上がり!

何かと重宝する副菜です。

是非お試しください!

ブログランキングに参加しました。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

よろしかったら、上のボタンを一回づつポチっと押していただけると、励みになります。よろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました